ベッド 運送

 

突然ですが、「ベッドを運送できる業者はどのくらいある?できるだけ多く知りたい!」と困っていませんか?

 

  • ベッドを運送できる業者ってどんな業者?
  •  

  • それぞれのメリットデメリットは?

 

これらの悩みを元引越し業者のへのへのもへじが、全て解決します!

 


 

ベッドを運送できる業者ってどんな業者?

 

ベッドを運送できる業者は以下の通りです。

 

都内~都内(30㎞以下)の場合の料金

引越し業者

8,000~10,000円

宅配業者
 ・クロネコヤマト
 ・佐川急便

 

10,000円前後

6,000円前後

貨物軽自動車運送業者

8,000円

便利屋

6,000~10,000円(かなりのバラつきあり)

 

 

 

引越し業者

 

引越し業者の多くはベッド1台だけでも運送を受けてくれます。分解したシングルベッドを都内から都内まで運んでもらうと、8000円~10000円前後の引越し料金となります。

 

宅配業者

 

ヤマト運輸と佐川急便では大型荷物の配送を行っているので、分解したベッドであれば運んでもらうことができます。

 

料金は家具の3辺の合計サイズで決まるシステムになっており、分解したシングルベッドをヤマトに依頼して都内から都内まで運ぶと10000円前後、佐川に依頼すると6000円前後の料金となります。料金に差があるのは、ヤマトには保険がありますが佐川には保険がないためです。

 

貨物軽自動車運送業者

 

貨物軽自動車運送業者とは赤帽のことです。赤帽は宅配業と引越業の両方を請け負っっています。赤帽でも分解したベッドを運んでもらうことができ、30km前後の距離であれば8000円ほどの料金となります。居住している地域に赤帽の拠点があれば、ベッドの運送を依頼することが可能です。

 

便利屋

 

困った人のために様々な作業を請け負ってくれるのが便利屋です。便利屋でもベッドの運送を受け付けてくれますが、料金は便利屋によってかなり差が出てきます。住んでいる地域に便利屋がある場合は料金を問い合せてみると良いでしょう。大手の便利屋も存在しており、近距離であれば6000円~10000円前後でベッドの運送を受け付けているようです。

 

それぞれのメリットデメリットは?

 

メリット

デメリット



引越し業者

・プロなので安心
・作業員2名での荷物の移動
・通路の養生をしてくれる
・保険に加入している
・値引交渉ができる

・他業者に比べると料金が少し高い
・時期によって値引交渉ができない

 

 

 

ヤマトホームコンビニエンス
 らくらく家財宅配便

・3辺(幅・高さ・奥行)の合計が450㎝、重さは100㎏以下
・搬出、搬入、設置まで対応してくれる
・別料金でベッドの分解と組立、吊り上げ&吊り下げ作業も依頼できる
・荷物に保険をかけることができる

・ベッドの運送だけでは料金が高い

 

 

 

 

 

佐川急便
 飛脚ラージサイズ宅急便

・料金が安い

 

 

 

・料金に保険が含まれてない
・搬出、搬入、設置の作業も含まれてない
・3辺の合計サイズが260cm以上のものは運べない

貨物軽自動車運送業者
(赤帽)

・距離と荷物の大きさによってかなり細かく料金設定されている
・貨物賠償300万円の貨物保険に加入

 

・作業員1名の対応で、依頼者が手伝うのが原則

 

 

便利屋

・値引き交渉に応じてくれる
・ベッドの分解や組立も依頼できる
・作業員に余裕があると無料で作業員をプラスしてくれる

 

・荷物を運ぶことに関してはプロではない
・引越し業者などと比べると知識や技術が乏しい
・保険に加入してない場合も

 

 

 

引越し業者

メリット

引越し業者は荷物を運ぶプロなので安心してベッドの運送を任せることができます。基本的に2名の作業員で荷物を移動し、通路を養生してベッドを梱包して運んでくれるので、建物への傷やベッドの破損を心配することなく作業を依頼できます。また、大抵の業者は保険にも加入しているのでこの点も安心です。

 

また、料金の値引き交渉ができる点もメリットです。他の業者は料金が固定されており値引き交渉が不可能ですが、引越し業者は時期や移動距離によって料金が決まるシステムなので、値引き交渉がうまくできればかなり安くしてもらうことも可能です。

 

デメリット

引越し業者は他の業者に比べると多少料金が高くなる可能性があります。これは作業員を2名確保してトラックを1台チャーターするためです。少しでも安くベッドを運びたい方にとってはこの点がデメリットとなります。

 

さらに、繁忙期などは値引き交渉をしても安くしてもらえないことがあるので、この点にも注意してください。

 

宅配業者

宅配業者ではヤマトホームコンビニエンスのらくらく家財宅急便と佐川の飛脚ラージサイズ宅配便にベッドの運送を依頼することができます。それぞれにサービス内容が異なるので、自分にとって最適なものを選ぶようにしましょう。

 

ヤマト・らくらく家財宅急便のメリット

ヤマトホームコンビニエンスのらくらく家財宅急便は大型荷物の搬出、搬入、設置までをしっかり対応してくれます。別料金でベッドの分解と組立、吊り上げ&吊り下げ作業も依頼できるので、自分で面倒な作業をしたくない方におすすめです。

 

運べる荷物の大きさは3辺の合計が450cm、重さは100kg以下なので、ダブルベッドでも分解すれば運んでもらうことができます。また、宅急便にもかかわらず荷物に保険をかけることができ、1万円の価値に対して20円という安い保険料で済む点が魅力です。万一のことを考えるととても嬉しいサービスなので、大切なベッドを守りながら運びたい方におすすめです。

 

ヤマト・らくらく家財宅急便のデメリット

らくらく家財宅急便は搬出から設置まで対応することや保険がかけられる理由から、都内から都内までシングルベッドを運ぶのに10000万円前後と多少料金が高めに設定されています。ベッドを運んでさえ貰えればよいという方や少しでも安く運びたい方にはデメリットになる点があるので、この点をよく検討してから依頼するようにしましょう。

 

また、らくらく家財宅急便は荷物の大きさと重さで料金を固定して設定しているので、値引き交渉には応じてもらえません。業者に交渉して料金を安くしたい方には不向きとなります。

 

佐川・飛脚ラージサイズ宅急便のメリット

佐川急便の飛脚ラージサイズ宅急便は何より安いのがメリットです。シングルベッドを自分で分解すれば、都内から都内まで6000円前後で運んでもらうことができます。

 

佐川・飛脚ラージサイズ宅急便のデメリット

しかし、この料金には保険が含まれておらず、搬出、搬入、設置のサービスも入っていません。単に荷物としてベッドの配送をするだけなので、保険を付けたい方や細かい作業を依頼したい方には不向きとなります。

 

また、3辺の合計サイズが260cm以上あるものは受け付けていないので、大きなベッドは分解しても運送を依頼できない可能性があります。

 

貨物軽自動車運送業者(赤帽)

メリット

赤帽は距離と荷物の大きさによってかなり細かく料金設定をしているので、ベッドを分解して小さくまとめることができれば、かなり安い料金で運んでもらえる可能性があります。シングルベッドを10km程の近距離に運ぶ場合は6000円で済みますからかなり格安です。

 

また、赤帽は貨物賠償300万円の貨物保険に加入しているので、万が一ベッドが破損しても補償をしてもらえます。料金がかなり安いのに保険が付いているのはとても嬉しいサービスです。

デメリット

赤帽は作業員1名で対応するので、依頼者が作業を手伝うのが原則となっています。女性やお年寄りがベッドを運ぶのは厳しいですから、人によってはこの点がデメリットとなります。

 

5000円の別料金で作業員を1名プラスすることも可能ですが、これだけでかなり料金がアップしてしまうので注意しましょう。

 

便利屋

メリット

便利屋の多くは値引き交渉に応じてくれるので、交渉がうまくいけばかなり安くベッドを運んでもらうことができます。また、便利屋はどんなことでも請け負うのが仕事なので、ベッドの分解や組立も依頼することができます。

 

さらに、便利屋の作業員に余裕があると無料で作業員をプラスしてくれることもあります。予約の際に作業員に空きがないか確認してみると良いでしょう。また、ベッドを運ぶ作業意外にもお願いしたいことがあれば、一緒に依頼すると格安で受けてくれることがあります。

 

デメリット

便利屋は運送業ではないので荷物を運ぶことに関してはプロではありません。ベッドを傷つけないように注意して作業してくれますが、引越し業者などと比べると知識や技術が乏しいのが現実です。便利屋はどんな作業でも引き受ける業者であるという事を念頭に置いてから依頼するようにしましょう。

 

また、便利屋によっては運送作業に保険をかけていないところがあります。この場合はベッドが破損しても補償してもらえませんので、運送を依頼する前に保険をかけているかどうかも必ずチェックしましょう。

 

自分にとって一番メリットのある方法を選ぼう!

 

ベッドだけを運送してもらいたい場合、何に一番重視して作業を依頼するかは人それぞれ異なります。だからこそ各業者を比べてそれぞれのサービスや作業の中身を知ることがとても重要となるのです。

 

大切なのは自分にとってメリットがある方法を選ぶことです。安いのが一番か?安心が一番か?技術が一番か?ここをじっくり考えてみましょう。